不動産のことなら当サイト「そこが知りたい不動産ナビ」にお任せください。

不動産に関する基礎知識なら「そこが知りたい不動産ナビ」にお任せください。
様々な不動産のお役立ち情報をご紹介しています。

こんな賃料収入は比較的安定した収入源となりやすく、また不動産投資の種類によりまして違いはあるものの、株式投資における配当金や債券のクーポンよりも高利回りとなっちゃいやすといったのもメリットです。他の投資商品の多くは「分離課税」の対象となってるため、株なら、株式の売買における範囲でしか損益の通算ができありませんが、不動産投資の場合、他の所得との損益通算も可能となっています。

中でも折角土地がセットになりましたりする不動産投資物件はインフレに比較する抵抗力が高値とされています。不動産投資において基礎的な収入源は「賃料」による家賃収入です。

不動産という投資商品は現物資産の意味合いが無敵ので、貨幣価値の下落であるインフレ(インフレーション)に対して高値抵抗力をもつ資産として知られているのです。ですから、利用法によりましては大きな節税対策となるのも不動産投資のメリットの一つといえるのでしょう。
2-08
  • コメントは受け付けていません。

物件を現在の価値で評価したもの

もし、物件価格が積算価格の7割程度だったら如何にでしょう?実際の価値(積算価格)より矮小価格で売りに出されていたら?・・・そうです、フルローンで購入することも十分可能なのです。他に収益還元法という評価方法もありますが、最近の銀行の融資判断にはあまり用いられませんので、ここでの説明は省きます。 積算…

2-09
  • コメントは受け付けていません。

積算価格も高くなることが多い

ちなみに、重量鉄骨造の方が長く、軽量鉄骨造は木造よりもつるはぎです。RC造の特徴の一つに法定耐用年数の長さが挙げられます。 一般的に融資期間は、この法定耐用年数から経過年数(築年数)を引いた残りの期間を元に決められる場合が大量ので、法定耐用年数が長たらしいRC造だと長く借りられる可能性が高くなりま…

2-10
  • コメントは受け付けていません。

建物の築年数

資金が問題なく調達できる場合は逆にチャンスにもなります。場合によっては土地値で手に入れることも出来るでしょう。 「古めかしい木造=投資不適格」というのは、税法で作られた法定耐用年数の呪縛にすぎないのです。「陳套木造はダメだ」と言う投資家がよくいますが、それは全く当てはまりません。 建物の築年数は…